滋賀県大津市の不動産を考える

subpage1

滋賀県は、琵琶湖で有名な場所ですが、その中で人口が一番多いのが大津市になります。
大津市は滋賀県の県庁所在地ですので、もともとそれなりに人口が多かったところではありますが、近年人口が増え続けているのも注目に値します。

そのため、大津市の不動産は非常に人気があり、不動産の価格も上昇しているのが特徴です。
土地の値段が上昇している理由は、京都市に通勤する場合、列車を利用すれば10分以内に行くことができるため、建物の制限が多く土地の値段が高い京都市に住むよりも大津市に住んだ方がよいと考えている人が多いからです。
大津市の不動産は、賃貸住宅は少ない傾向にありました。


ですが、近年は、わざわざ市内に住もうとする住人も多く、そのため賃貸住宅の建築が進んでいます。

こちらの大津市の不動産の情報がいっぱい詰まったサイトです。

大きな物件はそれほど多くないものの、5階建て以上のマンションは増えている傾向があります。

一戸建て住宅も増加しており、家族で市内に住みかを構えることも珍しくありません。



価格は京都市に比べると500万円から1000万円ぐらい安いのが魅力です。



3階建ての住宅は少なく、多くは2階建ての4LDKから3LDKになっています。
不動産の価格は、安くて2000万円位になりますが、市内の平均では3000万円位と考えておけばよいでしょう。
鉄道の通勤も多いですが、自動車を持っていないと生活できない地域もありますので、建売住宅の場合は大抵駐車場が二台ほどついているのが特徴です。

1から学ぶ住宅

subpage2

これから家を建てるために大津市で土地を購入したいと思ったら、まず最初に不動産情報サイトで相場を確認することから始めましょう。いきなり不動産会社の店舗に出向くと、相場がよくわからないので、スタッフの言われるままに契約してしまうことがあります。...

more

納得の事実!

subpage3

大津市で中古マンションを購入するなら、しっかりと物件を選びましょう。不動産投資をするわけではないのであれば、収益性などは問題にはなりません。...

more

学ぼう住宅の事

subpage4

滋賀県の県庁所在地でもある大津市は県内でもトップの人口を誇り、特徴の1つに隣接する京都市の衛星都市としての機能を持つことがあります。大津市の2016年における土地取引の動向は、駅から徒歩3分未満など非常に近い場所では前年比1.0%から1.8%へと大きく増加をしており、反面、駅から比較的は離れた場所では逆に6.3%から5.4%へと減少をしています。...

more

対策方法

subpage5

賃貸物件や売買などで大津市で不動産を選ぶときに、よく物件数が一番多いとか、地域一番の物件数がありますなどと宣伝しているところもあります。物件情報や共有されていて別の不動産が持っている物件の紹介も可能なので、自分の持ち物件だけで営業しているところはありません。...

more